MENU

目元のシワは消える!?段階に合わせたケアが重要!

目元のシワはアイクリームで改善

 

いつのまにか顔に徐々に刻まれていく憎きシワ...。ふと発見したときには年をとったな~ととてもネガティブになりますよね。
目元は出会った人の印象に強く(9割も)残ります。そんな場所にシワが出来ていると、老けて見られるのではないかと心配になりますよね。

 

一度できてしまった目元のシワは段階によって改善ケアも変わります。

 

真皮にまで深く刻まれた表情じわなどは、保湿だけで消すの難しく、真皮に影響を及ぼす成分が配合されたスキンケ化粧品が必要になります。

 

ですが肌の表面近くにある小じわやちりめんじわは、保湿ケアで十分に改善させることができます。

 

小じわができる、大きな原因は「乾燥」。それなら肌を乾燥させないように徹底的に保湿すればいいわけです。

 

ここでは、目元にシワができる原因から段階別の対策法、目元専用のアイクリームを活用した低刺激な改善方法までご紹介していきます。

 

目元にシワができる原因とは!?

 

「夕方になると目元がショボショボしてメイクが崩れる」「目尻の小じわやちりめんじわが気になる」

 

加齢とともに目元はとても悩みが多く出てくる部分ですよね。

 

目元に関して多い悩みは、

  • 目尻の笑いじわ
  • 目の下の小じわやちりめんじわ
  • 目袋のたるみ
  • クマや色素沈着によるくすみ

などなど細かく見ていけばもっと悩みは尽きないでしょう。目元はとても目立つ場所ですし、自分の見た目の印象を左右するので「一番の悩み」という方も多いと思います。

 

でも、どうして目元の周辺ばかり肌老化やトラブルが多いのでしょうか?

 

それは、目のまわりの皮膚は顔のパーツの中でも最も薄く、とても敏感でデリケートな部分だからです。

 

たとえば、頬やおでこの皮膚がタオルくらいの厚みとすれば、目のまわりはハンカチ・ガーゼほどの薄さしかありません。
そのため、顔のなかでもとくにシワの寄りやすい部分といえます。

 

敏感肌や乾燥肌の方など、若いころから目元や目尻のシワに悩んでいる方も多いものです。
また、目と密着している部分のため、メガネ・コンタクトレンズの使用スマホの見過ぎや長時間のPCデスクワークなどによる眼球の疲れが目のまわりのシワにつながってしまっているケースも考えられます。

 

知らない間にじっくりと現れるシワは、普段の日常生活に原因が存在しています。ついつい癖になってやっているものはないかチェックしてみてください。

 

表情筋の衰え

シワは一般的には乾燥が原因と思われていますが、実際には加齢による真皮のコラーゲンやエラスチンの変性・減少が主な原因です。

 

表情筋をあまり使わない人にはこんな特徴があります。思い当たる節はありませんか?

 

  • デスクワークでずっと同じ場所を同じ表情で見つめている
  • スマホなどを長時間同じ体勢で見つめている
  • 表情が乏しい・あまり気持ちが顔に出ない

 

表情筋が衰えることは、すなわち肌が強く支えられずにたるんでしまうことを意味します。

 

保湿だけではシワ改善は難しい

 

肌がしっかり支えられずにたるんでしまえば、ハリがなくなってシワが寄りやすくなってしまいます。

 

 

保湿不足による乾燥

シワの第一段階と呼べるのはちりめんじわに代表される浅く細かいシワです。これらは保湿不足による乾燥が原因で、しっかりと潤いを与えてあげれば回復します。

 

目尻のシワが乾燥によるものかどうかを見極めるには、お風呂上りにシワが消えているかどうかを見てみてください。

 

もしもお風呂上りにシワが消えていたら、そのシワは乾燥が原因で出来ているものです。お風呂に入っている間、上がった直後は一番肌が潤っている時間です。

 

水分で肌がふやけた状態になっているので、乾燥によるシワはその時だけ見えなくなります。

 

紫外線

紫外線によるシワダメージ

 

ご存知の通り敏感でデリケートな目元付近特には紫外線は大敵です。紫外線には、肌の奥にまで届いて細胞を傷つける作用があります。

 

肌の奥には真皮層と呼ばれるコラーゲンやヒアルロン酸などの有名な潤い成分で構成されている場所があります。

 

紫外線はその真皮層にまで届いて、そこにある細胞にダメージを与えます。潤い成分が傷ついた肌は、当然水分を失って乾燥していきます。

 

UV対策をしているかしていないかで、目元のシワの進行は大きく影響を受けるので普段から意識を高めておきたいものです。

 

メークも注意が必要!

アイメイクは多くの女性にとって欠かせない存在ですよね。目の大きな人は可愛らしく見えますし、目元がはっきりしていればより華やかな印象を人に与えることができます。

 

しかし一方で、過剰なアイメークがシワの原因になってしまう場合も往々にしてあります。

 

これは、マスカラやアイライナーをつけてから、しっかり落としきることができずにそのまま寝てしまったりして、皮膚に負担をかけてしまっていること。

 

また、メークを落とすために洗浄力の強いオイルクレンジングを使ったり、洗いすぎることで必要な潤いまで取り去りってしまうことにあります。

 

その後の保湿が不十分では、肌に大きな負担を与えます。それらの負担や蓄積が表面に出てくることが大きな原因の一つと考えられます。

 

クレンジングに関する注目記事

わずかなクレンジングの違いで目の下のくまが消えるマル秘対策

 

あなたが目の下のくまに悩んでいるならクレンジング方法が間違っているかも!?

 

ほんのちょっとしたクレンジングの違いで目の下のくまが消えるマル秘対策をご紹介します。

 

現代人は注意!目の疲れも原因の一つ

今の現代人ならではの原因もあります。それが目の疲れです。

 

スマホの見過ぎや仕事上でのパソコンの使用など、ブルーライトによる目の疲労はかなりのものです。
夜更かしや不規則な生活が重なれば、それらは疲れが抜けず、かなりの負担になります。

 

この眼球疲労は、シワをつくる大きな原因のひとつと言われています。

 

今すぐ始める!老けてみえる目元のシワ改善策

生活習慣の見直し

 

目元のシワを予防・改善させるために、まずは日常の生活習慣の見直しを始めしょう。たとえば、バランスのよい食生活睡眠を見直すだけでも、シワができにくくなります。

 

紫外線やストレスといったシワの原因も、なぜシワににつながるのかということを知っておけば、しっかり対策を練ることができます。
どれもすぐに始められることばかりなので、まずは基本的なことを見直してみましょう。

 

外眼筋エクササイズ

スマホなどをみるために下を向くことも多い日常生活では、目玉そのものを動かす範囲がだんだんと狭くなります。
そこで、顔は動かさずに眼球だけをぐるぐる動かして外眼筋をほぐすことがとても効果的です。

 

特に眼球を上向きに持ちあげる動きが重要で、濁りがちだった目がキラキラした印象になります。

 

眼輪筋エクササイズ

1、顔は正面を向いたまま、眼球だけ上に動かす。


 

眼輪筋エクササイズ

2、眼球だけ下に動かす


 

眼輪筋エクササイズ

3、眼球だけを右、左に動かす


 

眼輪筋エクササイズ

4、眼球だけを右斜め上、左斜め下に動かす。次に左斜め上、右斜め下に動かす。


 

眼輪筋エクササイズ

5、眼球だけをぐるりと一周動かし、さらに反対周りも行う。


 

 

肌を活性化させ予防・改善!家庭用美顔器ケア

まず、肌の角層部分が乾燥していて硬いと、シワはより目立つという特徴があります。

 

そこで、しっかりと保湿を行い角層を柔らかい状態に保っておくのが第一のポイントです。

 

第二のポイントが、肌全体の血液循環や、繊維芽細胞の代謝や、皮膚をつくる表皮細胞などをまとめて活性化できるので、総合的なアンチエイジング効果が期待できます。

 

しかし、自己流のマッサージが有効...といいたいところですが、今はそうしたアンチエイジングのニーズの高まりから自宅で手軽ケアできる家庭用美顔器が充実しています。

 

おすすめは超音波の美顔器です。微振動が肌の奥にまで届き、表情筋や真皮を活性化させる効果があるので、シワやたるみケアなどに取り入れるとより効果的です。

 

紫外線対策

目の下の繊細な皮膚が、紫外線の影響を過剰に受けないよう、日焼け対策をしっかり行って肌を保護しましょう。

 

紫外線を過剰に浴びることによって、肌の潤いが不足するだけでなく、ハリも奪われやすくなると、しわができてしまう可能性があります。

 

そのため、目の下までしっかり日焼け止めを塗るのがおすすめです。
よく伸びて肌になじみやすいテクスチャーのものを選ぶと良いでしょう。目元の敏感な肌に優しく、オーガニックや刺激の少ないものを選べば間違いないでしょう。

 

アイクリームを使ったツボ押しマッサージ

表情ジワやちりめんジワなどは保湿により改善が見込めますが、真皮にまで到達した深いシワには保湿だけでは改善は見込めません。

 

そこで目元の皮膚設計に合わせた目元専用美容液アイクリームを活用した改善策です。

 

真皮シワの原因はコラーゲンの減少や変性にありますから、有効な成分として

  • レチノール
  • ビタミンC誘導体
  • フラーレン

などが、一般的なものでしょう。これらが配合されたアイクリームを活用し、さらに効果を高めるためにツボ押しマッサージもアイクリームを塗り込む際に併用すればよいでしょう。

 

さらに、アイクリームなどの美容液のはセラミドなどの保湿成分も含まれているので、乾燥による小ジワも同時に解消してくれるので、しっかりとこれらの成分が配合されているものを選ぶようにしましょう。

 

ツボ押しマッサージ

1、片目にお米一粒大を目安に上まぶた、下まぶた(目頭側と外側)の3箇所に置いて刺激しないように指で優しく馴染ませる。


 

ツボ押しマッサージ

2、眼輪筋をマッサージした後、老廃物を流すように、こめかみ筋をくるくるマッサージし、目元の緊張をゆるめていく。


 

ツボ押しマッサージ

3、最後にツボ押しできる棒、もしくは薬指で

  • 目頭の上下
  • こめかみ

をツボ押しの要領で数回軽く押して終了。


 

 

目元のシワ改善の切り札はアイクリーム!今すぐ本気でアンチエイジング

目元のしわを防ぐためには、日頃からの生活習慣での対策が欠かせません。いくらスキンケアで解決できたとしても

 

紫外線から守る、洗顔時に手やタオルでこすらない、うつぶせ寝はしない、目をこすらない、スマホの見過ぎや寝る前に見ないなどです。
特に紫外線は乾燥を促すので、注意が必要です。

 

肌を健やかに若々しく保つためには、肌に潤いをしっかり与えることが大切です。目の下は皮膚が薄く、潤いも逃げやすい部分であるため、通常のお手入れだけでは潤いが不足しやすいといわれています。

 

  • 老けた顔の印象をこれ以上進行させたくないですよね?
  • メークのノリが悪く、いつもどんよりした気分でいたくないですよね?
  • 加齢の相反して輝かしい女性でいたいですよね?

 

そのために今までのスキンケアを見直し、本気のアンチエイジングのために敏感でデリケートな目元に合わせた設計がなされ、かつ抗シワ対策も可能なアイクリームを活用してみることを本気でオススメします。

 

 

 


今最も旬な人気アイクリームランキング

2017年最新アイクリーム人気ランキング

総合人気アイクリームランキング

40代人気アイクリームランキング

たるみ解消人気アイクリームランキング


30代人気アイクリームランキング

しわ解消人気アイクリームランキング


20代人気アイクリームランキング

クマ解消人気アイクリームランキング


人気アイクリーム徹底調査!

アイクリームの基礎知識

目元の様々な悩み

肌老化の3大要因

美肌のための生活習慣

エイジングコラム

運営者情報

このページの先頭へ