肌の老化の大きな原因は細胞の老化と同じく「紫外線」「酸化」「糖化」の3つです。
この中でも一番、肌にダメージを与えるのが紫外線です。

シミやしわの原因をつくり、肌老化を促進し、皮膚がんのもととなることもあるのです。

そんなUVケアは徹底的にするべきというのをご説明していきます。正しいケアで紫外線によるダメージを最大限食い止めましょう。

シミ・しわ・たるみを招く紫外線の恐怖

UVは「ウルトラ バイオレット レイ」の略語で、「いわゆる紫外線のこと」。肌に少なからず気を遣う女性ならなんとなく「紫外線は美肌の大敵」とわかっていながら、うっかりと日焼けをしてしまったり、UVケアが毎日できていなかったりする人も少なくありません。それは紫外線の本当の恐怖をまだまだ甘くみているからではないでしょうか。

紫外線は肌老化を著しく加速させる

紫外線のお肌への影響
紫外線の怖さは、肌老化を加速度的に促進させることです。

紫外線を浴びた肌は、肌を守ろうとメラニン色素を作り出しますが、それが上手く排泄されないと憎きシミの原因になります。また紫外線は肌の真皮にまで到達して肌の弾力を失っているコラーゲンを傷つけることもあります。それが細かいしわやたるみの原因となります。

つまりは、肌の老化を確実に進行させるのが紫外線なのです。対策をしているか、していないかで5年後、10年後の肌が大きく変わっているのは一目瞭然でしょう。

医学博士の北条元治さんはこうもおっしゃります。

「紫外線対策以外、肌の特別なケアは必要ない!」
参考文献:妻の化粧品はなぜ効果がないのか。

意外と知らない人が多い!?意外な紫外線の実感値とは?

紫外線は暑さやまぶしさがないため、どのくらい肌が紫外線を浴びているのか実感しにくいのです。そこが紫外線の落とし穴、多くの方が見落としているポイントといえるでしょう。

まだ大丈夫と油断していると、ダメージは日々蓄積され、ある日突然「肌老化」として急に表面上に出てくるのです。

肌の老化を加速度的に進行させる紫外線の種類と特徴とは?

太陽から届く紫外線には「UVC」「UVB」「UVA」という3種類があります。

波長が短い方から「UVC」「UVB」「UVA」という順番になるのですが、波長が一番短い「UVC」はオゾン層などで吸収されて地球には届きません。
 
波長の短いUV-B(280~315nm)が0.2%となっており、皮膚下0.1mmまで2~8%くら透過して表皮細胞を破壊したり、新陳代謝の周期を乱して、シミやくすみなどの原因となっているのです。

そして、一番波長の長いUV-A(315~400nm)が表皮を超えて真皮にまで届き、表皮だけでなく、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸、真皮線維芽細胞を損傷してしまうのです。

またUVAは表皮細胞の底にある色素細胞にもダメージを与えます。色素細胞は、表皮と真皮の間にありますが、真皮は肌の弾力性やハリにおいて大きな働きをしているのですが、この働きは色素細胞が真皮の波打つ形状のによって保たれているのです。しかし、強いUVAを長時間、厚さが約0.3mmしかない表皮の底の色素細胞が浴びると、損傷して弾力性が失われて、肌のハリや弾力性にも大きく影響し損なわれてしまうのです。これがしわとなる大きな原因の一つです。

紫外線の種類
画像引用元:環境庁

波長(ナノメートル)が短いものほど肌に与える影響が強くなります。そういう意味ではUV-Cがもっと危険な紫外線Cとなりますが、現時点では紫外線Cはオゾン層によって守られていますが、今後オゾン層破壊の進行に伴い気をつけなければいけません。

しかし、現在、皮膚がんや白内障に影響しているのが「紫外線B(UV-B)」です。紫外線B(UV-B)によって、細胞の遺伝子が壊され、壊された遺伝子が修復過程において「突然変異」となって修復されることがあります。この「突然変異」の遺伝子が皮膚がんの原因となります。

光老化は皮膚がんにもつながるので要注意

光老化はしわやたるみのみならずシミも作ります。
UVAで損傷を受けた色素細胞にエラーが起こり、メラニン色素をどんどん生成してしまうためです。また過剰に生成されたメラニン色素は表皮から真皮にも漏れだして、真皮の表面に溜まり、色素沈着をおこしてしまうのです。更に免疫力が落ちるためにイボなどの感染症を起こしやすくなりますし、DNAが紫外線で損傷されて異変した表皮細胞ががん化して皮膚がんの発症も招いてしまうのです。

実際に強い紫外線を長時間浴びてシミやしわが多い人が、その後皮膚がんを発症したというケースは数多く報告されているようです。

紫外線の種類と特徴の一旦まとめ

紫外線それぞれの特徴などは上記を参考にある程度把握していただけたと思うので、ここでまとめた肌への影響をもう一度よく確認して、日頃からの紫外線対策をしっかりと行っていきましょう。

UVAの肌への影響

UVAは、肌に急激な障害を与える作用は弱いのですが、太陽から届く紫外線の約9割を占め、肌に蓄積的なダメージを与えます。肌の奥の真皮にまで侵入し、肌のハリや弾力を失わせて光老化を引き起こす原因になるのです。また、すでにできているメラニン色素を酸化させ、肌を黒くさせる作用もあります。

UVBの肌への影響

UVBは、太陽から届く紫外線の約1割と量は少ないのですが、肌への作用が強いため、短時間でも肌が赤くなるサンバーン(日やけによる炎症反応)や、数日後に肌が黒くなるサンタン(色素沈着反応)を引き起こす作用があります。波長が短いUVBは、炎症やしみの原因となるだけでなく、肌表面の表皮細胞やDNAを傷つけるなど、生体への影響が強いのです。

UVCの肌への影響

外線のうち、一番肌に悪影響があるのは、UV-Cです。UV-AやUV-Bに比べて波長が短くて、悪影響も大きいため、皮膚がんの原因になりやすいとされています。
しみ、しわ、たるみの原因はもちろん、短時間当たるだけで遺伝子をぼろぼろに破壊する強力な紫外線です。
これまでは、オゾン層に吸収されて地上には届いていませんでした。しかし、近年のオゾン層破壊の問題によって、次第に危険性が増しつつありますが、現時点ではさほど気にする必要もないでしょう。

シミやしわ、たるみの元凶「光老化」を防ぐポイント3つを徹底解説!

紫外線が当たるとお肌でも体内でも活性酸素が生じます。これによりお肌のコラーゲンやエラスチン繊維が分断されたり、DNAが傷ついてしまうこともあります。
これがいわゆる「光老化」と言われるもので、憎きしわやたるみの元凶となるものです。

一般的に紫外線といえばメラニン色素を恐れますが、メラニン色素はこうした光老化が起こらないように、メラノサイトから放出される救世主です。お肌に入り込む紫外線を吸収して、紫外線による炎症を防ぎ、細胞に傷がつくことから防御してくれるのです。

白人に比べて、皮膚の色が濃い黄色人種や黒人の方が皮膚がんになりにくいのも、メラニン色素が多いからです。
ただし、だからといって日焼けをしていると、メラニンが頑張る以上ダメージを与えて老化が逆に促進されてしまいますし、ターンオーバーが狂っているとシミになることもあるので気をつけましょう。

怯えるのは日焼けではなく光老化の元凶である紫外線!

本当に恐怖に怯えるのは日焼けではなく光老化を起こす紫外線そのものなのです。

なので、これだけはしておきたい光老化対策を3つのポイントを紹介します。

紫外線は出来る限り避けるにこしたことはない

紫外線をシャットアウト
これは本当に当たり前の事なんですが、徹底している方も少なく無いと思います。

対策1:紫外線量が多い10:00~14:00は特に注意!

一日のうちでもっとも紫外線量が多い10:00~14:00に外出する時は、冬でも必ず防止を被ることを徹底する。つばが8cm以上あれば顔のおよそ8割はカバーしてくれるます。

対策2:波長の長いUVAは特に注意!

普段から室内にいても気をつけたいのが窓際です。UVAは窓ガラスを通り越して、皮膚の深い所まで差し込んで、ジワリジワリと光老化させていきます。できれば、窓ガラスにUVAをカットしてくれるカーテン等でしっかりと対策をしたいとことです。

UVBは人体にも好影響がある!?

UVBの紫外線はは肌に当たるとビタミンD3が合成され、抗癌作用や骨が丈夫になるなど好影響があります。これは波長が短いUVBでしか合成されない特徴の一つです。
UVAしか通過しない窓ガラス越しの日光浴は光老化というデメリットしかないのです。

ビタミンD3の合成のためには、素肌での直射日光が前提になります。夏場なら10分、腕か足を出して太陽にあたれば、必要なビタミンD3は合成出来ます。

意外と知らない人も多い!?紫外線の防御率の差

SPF防御率
これを意外と知らずに日焼け止めを使用している方も多いのですが、紫外線の防御率はSPFが10以上あれば90%以上防御してくれます。
SPF50でも95%程度なのです。こんな微妙な差なのに数字が大きいと肌への負担が、増してしまうのです。

しかも、紫外線を乱反射させるために日焼け止めに配合されている酸化チタンは陽にあたると活性酸素をだしてしまう成分です。化粧品なので、活性は低いといえますが日焼け止め用は微粒子なので活性が高くなります。日焼けはしなくなるかもしれませんが、肌にはその分大きな負担を与えます。
しかも、落ちにくいので強いクレンジング剤も必要になり、肌のバリアを緩めてしまうのです。

抗酸化物質を上手く活用する

抗酸化物質

ビタミンA、C、Eやポリフェノールの多い植物原料などは抗酸化作用が高いので肌に塗ったり、普段から食生活で取り入れると肌で生じる活性酸素を無害にしてくれます。紫外線の害は活性酸素の害が大きいので、こうしたものも活用することで肌の抵抗力を上げることができます。
・抗酸化食品のおすすめを紹介!
身近にある誰でも手にできる抗酸化食品をご紹介します。普段の食生活に意識して取り入れましょう。

紫外線対策に必須の食べ物

  • バナナ
    ビタミンやポリフェノールが豊富に含まれており、抗酸化食品の代表的な食品
  • プルーン
    ビタミンEやポリフェノール、代謝を促すビタミンB群、そして特に女性に大切といわれている鉄分も含まれています。
  • アボガド
    ビタミンE・コエンザイムQ10が多く含まれており、グルタチオンというアミノ酸も含んでおり、肝機能の解毒作用にも効果的です。
  • 納豆
    腸内環境を整える菌「ナットーキナーゼ」という善玉菌が大量に含まれている発酵食品の代表格。またヒアルロン酸の10倍も保水力があるといわれている、ポリグルタミン酸もあるのでお肌にも良いという女性にとっては嬉しい作用も♪
  • アーモンド
    ビタミンEとポリフェノールが豊富に摂れます。またアーモンドの脂質は約70%のオレイン酸からできているので、食べても脂肪がつきにくいのも女性にとっては嬉しいですね♪
  • わかめ等の海藻類
    ワカメや昆布にはフコキサンチンという栄養分が、とても多く含まれています。フコキサンチンは抗酸化物質の栄養素といわれているカロテノイドの一種。水溶性の食物繊維も豊富で便秘ぎみの人にもおすすめの食材です。

ほかにもフィンランドのビルベリーの葉の抗酸化力も凄いものがあります。ビタミンCやビタミンEの10倍もの抗酸化力があると今注目を浴びています。

皮膚細胞の活性化

光老化に打ち勝つくらいに新陳代謝を高め、抵抗力のある皮膚細胞にするために、肌に優しいオーガニックのオイルでマッサージしたり、粒子の細かいスクラブで洗顔したりと肌の抵抗力を固める工夫をしましょう。

日焼けを完全に食い止めるのは至難の技なので、日焼けをしてしまった場合は徹底的に冷やしましょう。メラニン色素の発動を最小限に抑えて、肌へのダメージも軽減すれば余計なシミを防ぐことができます。

まとめ

今やあたり前とも言える紫外線の恐怖と対策。

紫外線の強い時期のみならず、年中通して対策するのはいまでは常識となりつつありますね。

スキンケアに力を入れて行くのと同時に、こうした些細な紫外線対策を忘れずに行うことでずいぶんとお肌の老化を防ぐことができるので、生活の中で常に意識しておきましょう。

衝撃の新事実が!

凡庸CTA

なんだか最近周りから「疲れてる?」と聞かれる機会が増えたら、老けた印象が表面化しているサインかも...。

その老けた印象を与えるおよそ9割の影響がしわやたるみ、くまなどの「目元」のエイジング現象によるのです!

しかし、逆をいえば目元を老けさせなければいつまでも若々しい印象を持ち続けることができるということ。
昨今のアイケア=アイクリームがスキンケアでもっとも重要視され、新たな常識となっているのは必然なのです...!

美容の現場で長年培った経験と知識、子育てや家事に追われながらも「好きな仕事」である美容への想いをもちつづけ、探求し続けるBeautyCc編集部員による最新&話題のアイクリームのランキングや選び方、ユーザー目線をモットーにさまざまな美容商品の体験情報や女性の悩みを解決するためのコンテンツを今すぐチェックしてみてください!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう