MENU

涙袋が老け顔の原因に?

 

若い女性には、目が大きく見えて可愛らしく映る涙袋は比較的好まれる傾向にあります。

「涙袋メーク」や「涙袋コスメ」、「涙袋形成」など、一種のブームと言っても過言ではありません。笑ったときに目の下がぷっくりするのがうるっとして可愛いですよね!?このぷくっとする下まぶたのまつ毛の下側に沿った部分を、『涙袋』とか『涙堂』(るいどう)と言います。

 

有名な方で涙袋美人といえば、宮崎あおいさん、きゃりーぱみゅぱみゅさん、加藤綾子アナウンサー(カトパン)などが挙げられます。皆さん表情が豊かで好印象なイメージが強い方々ばかりですよよね!

 

しかし、この涙袋は一概によいことばかりではありません。若い頃は欲しくて欲しくてしょうがなかった涙袋も、加齢とともにしわやたるみとなって目立ってしまうと、一転して「目袋」と呼ばれ、今度なマイナスな老けた印象を与えてしまう可能性もあります!

この記事では、そんな涙袋のたるみの予防と対策について、詳しく解説していきます。

 

目袋・下まぶた(目の下・目元)のたるみの原因

 

『涙袋』が加齢によって『目袋』になるという説明をしている人もいるのですが、実際のところは少し解釈が異なります。

 

下まぶたの眼球に沿った膨らみ部分を涙袋と呼び、目の大きな方や、エラの張っていない方に目立つ傾向があります。

そして、中には涙が溜まっているわけではありません。涙袋も含め、目の周りの皮膚は人体の中でも最も薄く、皮膚の下に脂肪はなく筋肉組織で覆われています。

 

ここがポイントで、これらが眼輪筋と呼ばれ、目の周りを360度ぐるっと取り巻いて、瞼を開閉することで働きます。よく動く表情筋で顔の印象を大きく変えるため、涙袋に注目し、憧れる女性が増えているようです。

 

 

でも、涙袋は筋肉です。年齢とともに衰えていくのは必然で、目のまわりの「筋肉」が弱るのと、筋肉にくっついている皮膚にハリがなくなるということです。

 

加齢では他にも様々な弊害が重なり、筋肉を生成しているコラーゲンが減ってしまうので、筋肉は細く、弱くなっていきます。

それは、顔の筋肉でも同じくです。
目の周りの皮膚って体の中では一番薄くて、0.6mm〜1.1mmくらいしかありません。通常皮膚の下にある脂肪はなく、筋肉で覆われています。この筋肉を先程も述べた『眼輪筋』(がんりんきん)といいます。

 

眼輪筋の衰えと皮膚のハリ低下が、目袋=目の下のぷっくり、たるみの原因というわけです。

 

眼窩脂肪(がんかしぼう)ヘルニアとは!?

 

ヘルニアって、体内の臓器などが、本来あるべき部位から脱出した状態のことを指します。有名なところでいえば、椎間板が飛び出せば「椎間板ヘルニア」です。眼窩(眼の凹み)の中の靭帯や筋肉が弱ったことによって、本来は眼球の後ろ側にあるはずの脂肪の組織(眼窩脂肪)が、弱くなった隙間から目の前の方に出てきてしまうのです。

 

なんだかこわい病気のようですが、生まれつき飛び出ているタイプの人もいますし、筋肉が弱って起こることですから、加齢によって、誰にでも起こり得る可能性があります。

 

その原理で目の下がふくらんでしまう状況も起こりえるのです。このぷっくりとした影がクマにみえることもある(黒クマ)という憎き存在でもあります。

 

また、目の下の皮膚自体が、加齢によるコラーゲンの減少でハリを失っていきます。眼輪筋は皮膚に直接ついているのですが、筋力が弱っていくうえに、皮膚も弾力がなくなっていきますので、ますます眼窩脂肪を抑えきれなくなってしまうのです。

 

 

目袋や下まぶた(目の下・目元)のたるみをセルフケアで改善

 

目袋の原因が加齢などによる筋肉の衰えというのが一番おきな要因です。ならば、普段使うことのない目の周りの筋肉を鍛えて行く方法があります。

 

仕事の休憩中や少しの隙間時間で行うエクササイズや家庭用美顔器やスキンケアでも改善していくことができますので、ご紹介していきます。

 

 

眼輪筋ツボ押しエクササイズ

 

目袋や下まぶた(目の下・目元)のたるみの改善方法として、まず先ほども出てきました眼輪筋のツボ押しエクササイズが挙げられます。

 

たるみは筋肉の衰えが原因ですが、長時間パソコンに向かう方や、人と話す機会の少ない方などは、日常生活の中ではあまり使っていない場合も多いものです。当てハマってしまったあなたはぜひ習慣化してみてはいかがでしょうか!?

 

 

目の下のたるみ解消エクササイズ

蒸しタオルを目の周りにあてて血行を促進します。温めることで疲れもとれます。


 

目の下のたるみ解消エクササイズ

眉頭の下を中指の腹でプッシュ。


 

目の下のたるみ解消エクササイズ

中指と薬指の腹を使い、眉毛の下の部分を眼球に沿うようにトントンと。


 

目の下のたるみ解消エクササイズ

こめかみをプッシュします。目の疲れが取れて精神も安定してリラックスできます。


 

目の下のたるみ解消エクササイズ

目の下は目頭から頬骨に向けて中指と薬指の腹を使って押します。


 

目の下のたるみ解消エクササイズ

同じ2本の指で目尻側まで下まぶたを優しく押したら完了です。


 

目周りを刺激することで、目の筋肉だけでなくパソコンなどによる眼精疲労にも効果的です。

 

これらを反復運動のように数回繰り返します。

他に、なるべく頬の筋肉を動かさずに片目ずつ瞬き(ウインク)するという超簡単エクササイズもありますので、日常の場面場面で行うとより効果的でしょう。

 

 

家庭用美顔器で目の下の表情筋を刺激

超音波美顔器

美顔器の中でも、目の下のたるみに効果を発揮するものが、が「超音波美顔器」です。

 

超音波美顔器はクレンジング効果、マッサージ効果、温熱効果の3つの効果が期待できます。これらが相乗的に働くことで、表情筋を鍛えて肌にハリと弾力をもたらします。

 

クレンジング効果

細かな振動により不要な角質や汚れが除去されやすくなるので、肌の状態が整い、美容成分を受け入れやすくなります。

 

マッサージ効果

超音波の振動は肌の奥まで届きやすく、マッサージ効果が得られます。血行やリンパ液の流れも良くなるので新陳代謝が活発になり、老廃物の排出も促されます。

 

温熱効果

超音波の振動により、分子と分子の間に摩擦が起こります。そのために摩擦熱が生じ、肌の温度は0.5度~2度ほど高くなります。温度が上がることで血流が良くなり代謝が高まるため、たるみの解消やリフトアップに役立ちます。

 

 

刺激を与えず保湿を徹底したスキンケア

 

目の周りの皮膚は顔のパーツの中でも特に薄くデリケートだということ。毎日のケアで気をつけたいのは、メーク落としクレンジングや洗顔時のときに擦りすぎないこと。

 

そして、目の回りのスキンケアは「塗る」というより「乗せる」感じで、優しく優しく労ってあげましょう。

 

洗顔後は、化粧水や美容液美容クリームをたくさん浸透させ、しっかりと保湿を忘れないようにしましょう。

 

また、たるみ=コラーゲンの減少による真皮層の変性ですから、コラーゲンを増やす作用のある成分が含まれているものがベストでしょう。

  • ビタミンC誘導体
  • レチノール

などの成分+αでセラミドなどの保水成分があり、目元を刺激しないアイクリームを探してみましょう。

 

目袋や下まぶた(目の下・目元)のたるみを改善するならこのアイクリーム!

 

正直なところ、いきなり「アイクリームを使用して目元のたるみのケアをしてくださいね!」と言われても、数多い種類があるアイクリームの中で、どれを選べば目元のたるみに効果があるかわからないですよね。

 

そこで、おすすめしたいアイクリームがビーグレンのアイクリーム/トータルリペアアイセラムです。

 

見た目年齢が上がってしまう原因として、目元のしわよりも、まぶたの「たるみ」と「ゆるみ」が目立つ場合が多いのです。

 

一時的な保湿による「しわをただ伸ばす」ではなく、目元の特徴的な肌構造を理解したケアをすることで、まぶたの「たるみ」や「ゆるみ」にアプローチできるのです。皮膚の薄いデリケートな目元への刺激も軽減。

 

毎日のお手入れに継続的に取り入れることで、若々しい目元へ導くとSNSを中心に話題沸騰しており、芸能人も愛用するアイクリームなのです。

 

 

こちらでビーグレンのアイクリーム/トータルリペアアイセラムと目元ケアトライアルセットの徹底調査実体験によるレビューをしてみました♪

 

ビーグレン/トータルリペアアイセラムを実体験で徹底調査!

 

 

ビーグレン/トータルリペアアイセラム公式サイトへ

 


今最も旬な人気アイクリームランキング

2017年最新アイクリーム人気ランキング

総合人気アイクリームランキング

40代人気アイクリームランキング

たるみ解消人気アイクリームランキング


30代人気アイクリームランキング

しわ解消人気アイクリームランキング


20代人気アイクリームランキング

クマ解消人気アイクリームランキング


人気アイクリーム徹底調査!

アイクリームの基礎知識

目元の様々な悩み

肌老化の3大要因

美肌のための生活習慣

エイジングコラム

運営者情報

このページの先頭へ