MENU

美肌作りに最も大切な睡眠のリズムを知ることが大切

 

カラダの内側からのケアというと、食事を第一に考える方が多いようですが、実は食事よりも睡眠の方が美肌作りの基礎を蘇らす力を持っています。ここでは睡眠の重要性を説明していきましょう。

 

睡眠中には体内で何が起きているのか知ることが大切

 

たとえば夜更かしをした翌日、一日中カラダがダルかったり、頭痛がしたりするなど体調が悪くなりがちなのは誰しもが経験済だと思います。この不調の原因は、夜寝ているあいだは、肌を含む体全体が修復作業中だからです。
修復は血液を通して行なわれるのですが、起きて活動している日中は、血液のほとんどが脳に集中しています。そのため、肌には栄養が行き渡りません。寝ると、血液は体の各所に流れ始め、肌にも栄養が行き渡るようになるのです。

 

さらに、眠り始めの約3時間のうちに成長ホルモンの分泌が盛んになると言われています。この成長ホルモンによって、肌内で細胞分裂が起こっているのです。肌や内臓の修復にはトータルで、最低でも6時間くらいはかかっているといわれているので、睡眠が6時間より短くなると、誰でも肌荒れの可能性が一気に高まるということです。

 

肌の再生に、毎晩このようなサイクルが行なわれているので日々の睡眠がいかに大切かがわかると思います。

 

よく耳にする「お肌のゴールデンタイムの重要性」は嘘!?本当?

 

夜22:00~深夜2:00は、お肌のゴールデンタイムとされ、その間の睡眠をとるのが美肌作りのルールとはよく耳にするお話です。これは原子の時代から人間の体に刻まれた体内時計(サーカディアンリズム)にしたがった生活をすべきという説にもとづいたものです。
ところが、現代社会でこれを実践するのは、なかなか困難であるともいえます。今の現代人の生活で考えると、およそ日付がかわる午前0時から半までに寝るようにすれば大丈夫でしょう。

 

また、就寝時間を一定させることも大切で、毎日ベッドに入る時間が異なるのは、体内時計を乱すのでよくありません。成長ホルモンは、体内時計の影響を大いに受けていますので、寝る時間が毎日異なると、成長ホルモンがスムーズに分泌されなくなるのです。なので、毎日遅くとも午前0時半までの、同じ時間に寝るようにすると、肌の状態も良くなって来ることでしょう。

 


人気アイクリーム徹底調査!

アイクリームの基礎知識

目元の様々な悩み

肌老化の3大要因

美肌のための生活習慣

エイジングコラム

運営者情報

このページの先頭へ