MENU

加齢のせい!?二重の幅が狭くなった原因である「まぶたのたるみ」の予防と解消方法

二重の幅が狭くなった

 

あなたも既に気がついているでしょうが、元々広めの二重だったのに、最近なんかおかしいなぁと思って鏡を見ていたら、左目だけ二重の幅が極端に狭くなっている....。

 

元々しっかりした大きな二重の目の幅が狭くなって、目が小さく見える...。
時々元の幅に戻っているときもあったり、泣いたあととかに戻ったりと、とても不安定だし、気持ちも落ち着かない...。

 

これは、むくみのせいでもあるのかもしれませんが、加齢でまぶたのハリがなくなってゆるみが出てきている可能性があると思います。
泣いたりしたら戻るのは、泣くと瞼が腫れる(=ハリ)せいと考えられるでしょう。

 

私自身もアラフォーですが、同じ現象に陥って悩んでいた時期もありました。
こうした加齢が進み、まぶたがたるんでくると、疲れているような暗い印象の顔になってしまいます。

 

また、このまぶたのたるみが更に進むと、単に見た目が暗くなるだけでなく、額のシワの原因になってしまったり、疲労や肩こり、慢性的な頭痛の原因になったりすることもあるのです。

 

まぶたの狭まりをアイクリームで改善

 

ここでは、まぶたのたるみを進行させないための予防、元通りの二重の幅を取り戻すまぶたのたるみの解消方法をご紹介していきます。

 

二重の幅が狭くなる原因である”まぶたのたるみ”はなぜ起こる!?

まぶたのたるみとは、上まぶたの皮膚が垂れ下がってくる一つの老化現象のことをいいます。

 

昔からくっきり二重まぶただった方も、たるんできている皮膚が上からかぶさってしまい、奥二重のようになってしまうこともあります。
更にたるみが進むと、視界が狭く感じられてきます。

 

すると、無意識に目を大きくしようととして額の筋肉を使い、額のシワが増えます。

 

そして、さらに老けた顔になってしまうという悪循環に陥ることもありえるのです。

 

まぶたのたるみの原因は、加齢によるものが大半の理由だといわれています。

 

二重の幅が狭くなるのはまぶたのたるみが原因

年齢を重ねると、自然に皮膚のハリは失われ、皮膚の筋肉がゆるんできます。

 

肌の弾力やハリに必要な真皮のコラーゲンやヒアルロン酸が減少することにより凹みができ、その上にある表皮も影響を受けたるみにつながります。

 

また老化が進むと、眼球を支えるじん帯もゆるみ始めます。

 

それによって眼輪筋もゆるみ、まぶたの奥にある脂肪が支えられなくなってきます。
ひいては眼球の重さも加わって脂肪が前に押し出され、目の下がぷっくり膨らんできます。これが下まぶたのたるみの正体です。

 

そして、長年に渡り「こする事やコスメによる皮膚への負担」も大きな要因の一つです。

 

まぶたがたるむ5つの要因

  1. 目をごしごしこする(花粉症やアトピーなどのアレルギーがある人など)
  2. メイクを落とす時に強くこする”クセ”がある
  3. 化粧や汚れの落とし残しがよくある
  4. コンタクトレンズを長時間使用している(特にハードコンタクトレンズ)
  5. パソコンやスマホなどで長時間、目を酷使する

 

主な原因は加齢によるものですので、これを止めることは難しいでしょう。
しかし、日常生活でもこのようなことが原因であるということを意識をして、気を付けるべきでしょう。

 

目元は皮膚が薄く、とても敏感なので物理的な刺激には特に注意が必要です。

 

狭くなった二重の幅を元通りにする、まぶたのたるみ解消法

まぶたのたるみの原因は、主に加齢だという事実は認めていただけたでしょう。

 

そして、年齢が進むのを止めることはできませんが、

 

  • 目を疲れさせない
  • 目をこすらない
  • メイクの時に強く押さない

 

などの対策を普段から意識することは今すぐにでも可能です。

 

また、皮脂腺がないに等しい目元には、丁寧な保湿紫外線などの外的刺激からの保護が必要です。
予防も含めて毎日のケアで解消へ導くためのポイントは以下の5つです。

 

強くこすらない!

洗顔時にメイクを落とす際に強い刺激を与えるのは絶対NG!スキンケアを行う場合も同様です。

 

また、かゆいからといってまぶたをゴシゴシこするのは非常に良くない行為です。これら外的要因はまぶたを加速度的にたるませてしまいます。

 

表情筋を鍛えるエクササイズ

たるみの原因は、コラーゲンの変性だけでなく、筋肉の緩みとも関係しています。顔にある表情筋は皮膚にくっついているので、筋肉が緩むと皮膚も一緒に緩む=たるんでしまうのです

 

そこで、普段使わない表情筋を鍛えるエクササイズやリンパに沿って顔の老廃物を押し流すフェイスマッサージが有効です。

 

たるみを引き上げる頭皮マッサージ

頭の皮膚と顔の皮膚は1枚で繋がっています。頭皮が下がると、顔の皮膚も下がるのは自然な事です。頭皮もケアをしてあげる事で、顔に若々しさを取り戻すことが出来ます。

 

持続的な保湿を徹底させる!

乾燥しやすい目元は油断するとすぐにカサカサ...。
こうした肌表面(表皮)の保湿力や抵抗力の低下が、新陳代謝(肌の生まれ変わり)を乱し、肌のハリが失われ、たるみを進行させます。

 

目には見えませんが、肌は内部の水分を常に蒸散させていますので、敏感な目元でもしっかり潤いを持続させることがとても重要となります。

 

ハリや弾力UPに必要な真皮のコラーゲンの強化

まぶたや目元の肌は非常に薄いので、美容成分が留まりにくいことが一番ケアしにくい要因です。
また、敏感なためコラーゲン強化に効果のある成分は刺激が強いためNG。

 

普段使いのスキンケアでも敏感肌用の刺激が少ないものなら、皮膚の薄い目元でも充分使えますが、それでも真皮にまで美容成分を浸透させてコラーゲン強化を図るところまでは難しいでしょう。

 

しかし、持続性が高く浸透力に優れて、刺激の低減両方を兼ね備えた目元専用の美容液がアイクリームなのです。
この目元の特性に特化したアイクリームを上手く活用することで、コラーゲンを強化しハリと弾力を復活させることが、加齢によるたるみと向き合う重要なポイントになります!

 

 

狭くなった二重幅の悩み解消におすすめのアイクリームはこれ!

ビーグレン/トータルリペアアイセラムを実体験で徹底調査!

 

正直なところ、いきなり「アイクリームを使用してまぶたのたるみの解消ケアをしてくださいね!」と言われても、数多い種類があるアイクリームの中で、どれを選べば目元のたるみに効果があるかわからないですよね。

 

そこで、おすすめしたい目元専用美容液がビーグレンのアイクリーム/トータルリペアアイセラムです。

 

ビーグレン/トータルリペアアイセラム

 

例えば、目元ケアはあらゆる目元の悩みに合わせたラインで、根本的・根治的に悩みを解消してくれるということです。欧米の肌の悩みのテクノロジーは日本よりも10年は進んでおり、その技術を日本人向けに開発されているドクターズコスメです。
専門知識をもとにつくられているので、エビデンス(科学的根拠)がしっかりしているので信頼度も高いのも安心です。

 

なぜビーグレン/アイクリームは効果がある!?その秘密は目元ケアの肌構造にあわせた独自のアプローチ!

 

見た目年齢が実年齢よりも随分と老けた印象を与える原因は、目元のしわよりも、まぶたの「たるみ」と「ゆるみ」が目立つ場合が多いのです。

 

一時的な「しわ伸ばし」ではなく、目元の特徴的な肌構造を理解したケアをすることで、まぶたの「たるみ」や「ゆるみ」にアプローチできるのです。

 

アイクリーム,人気,ランキング,目元の悩み

 

エイジングによる「まぶたのたるみやゆるみ」「乾燥」「くま」など、目元のあらゆる悩みにトータルアプローチ。一時的なケアではない、うるおいとハリに満ちた、ふっくらとした印象を与える目元へと引き上げます。

 

また、皮膚の薄いデリケートな目元への刺激も軽減。毎日のお手入れに継続的に取り入れることで、若々しい目元へ導くことが世の女性に支持され売れてるアイクリームの秘密です。

 

最強アンチエイジング成分「EGF」と「FGF」

ビーグレンの肌再生力の秘密

 

このビーグレン/トータルリペアアイセラムには、シワやたるみの原因となる線維芽細胞というのは真皮の弾力を担うコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸といった成分を生み出している細胞を活性化する有効成分も入っているのです。

 

それが、「EGF」と「FGF」という皮膚内の各種細胞に成長を促す役割成分であり、コラーゲンやエラスチンの生成を促進してくれ、ハリ・弾力アップ成分の中でも最強といわれるアンチエイジングには欠かせない成分なのです。

 

規則正しい肌再生へと導くために、お肌の3層「表皮」「真皮」「皮下組織」に働きかける「成長因子(グロスファクター/GF:Growth factor)と、細胞を活性化させ正しく機能させる成分がEGFとFGFです。

 

しかし、効果が発揮されるには、それぞれの成分が作用する場所に浸透させることが必要ですが、EGFとFGFはともに親水性が強く油に溶けない性質のため、単純にこれらの成分が配合された美容液などを塗っても、私たちの天然の汗と皮脂でつくられるお肌のバリア(角層)を通過することができません。

 

それを不可測なく浸透させる技術ビーグレンのQusome浸透技術なのです。

 

また、FGFの弱点を克服してくれる新成分として、分割ポリリン酸(EXポリリン酸)も配合されています。
分割ポリリン酸がお肌の真皮に浸透すると、FGFの機能を増強して、線維芽細胞を増殖します。またコラーゲンの生成を促進する効果もあります。

 

 

 

このように肌再生を促してくれる成長因子をプラスしてお肌の各層を整え、健康的でみずみずしい肌が育つようにケアすることが、若々しい見た目の印象を作るアンチエイジングの一歩と言えるでしょう!

 

 

 

このビーグレン/トータルリペアアイセラムは試しやすい価格と、安心と驚きの365日間返金保障制度でアイクリーム初心者もお肌に若干の不安がある人も気軽にトライすることができる配慮がされています。

 

これだけの保証制度がある化粧品って今まで聞いたことも見たこともないので、本当なのか疑っちゃうほどですが、メーカーの方も製品に自信があることの証明とも言えるでしょう。

 

本気のアンチエイジングを!
トータルリペアアイセラムの公式サイトへ

 

パッチテストが必要な敏感肌の方やいきなりスキンケアを替えることに抵抗がある方はこちらの1週間トライアルセットがお薦めです!
1,944円のトライアルで気軽にお試し♪

体験レビューをチェック!

 

 

さらに乾燥を徹底的に防ぐ17時間持続の化粧水とは!?

アイクリームによる美容成分の浸透とコラーゲンの強化とともに、まぶたのたるみ解消に必要な要素は乾燥を防ぐことです。
一時的に潤い成分を乗せるような表面的な保湿ではなく、長時間しっとりモチモチを持続させることが必要です。

 

目元は皮膚が薄く、刺激に最も弱い部分ですから、敏感肌でも大丈夫な低刺激性も併せ持つような化粧水が好ましいでしょう。

 

そこで、スペシャルケアであるアイクリームと併せておすすめしたい化粧水が、ビーグレン/QuSomeローションです。

 

QuSomeローション

 

最先端持続テクノロジーであるCharged QuSome®は素早く角層へ美容成分を行き渡らせることができ、角層を中心に成分を長時間とどめる特性があります。

 

その持続性は脅威の17時間!
QuSomeローション

 

配合されている美容成分にも今最も美容医療の分野で注目されている肌の再生力に優れたペプチドを複数配合。

 

ペプチド

 

ペプチドは真皮内の線維芽細胞を刺激し、コラーゲンの生成を促進させます。作用の即効性が高い上に、肌自体が若々しく回復するので、経験した方の多くが効果を実感しやすいのです。

 

肌を再生させるためのペプチドの効果

  • ターンオーバーを促進させる
  • 肌を強化する
  • ヒトの成長ホルモンと同じ働きをする
  • 線維芽細胞を刺激する
  • 肌を健やかに整える
  • 血管やリンパの流れを活発にする
  • 表情ジワを緩める

 

 

 

ビーグレンが、化粧水のためだけに開発した新技術「Charged QuSome®」が、つけた瞬間から17時間後まで、今までにないまったく新しい感覚をもたらしてくれます。

 

今までに乾燥に悩んでいたあなたや、これからの本気のエイジングケアに是非取り入れたい化粧水です。

 

17時間保湿の化粧水革命!
ビーグレン/Qsomeローションの詳細をチェック!

 

 

乾燥した目元の化粧水ケアは意味なし?鉄壁保湿のスキンケア新常識!

多くの人が間違いがちな乾燥した目元にはたっぷりの化粧水で潤す!という行為。
化粧水はほぼ水であり、保湿効果を期待するものではありません。

 

しかし、鉄壁保湿を可能にする化粧水の浸透保持機能を持つ化粧水が美容のプロたちの間で話題に!

 

 

まぶたのたるみを解消すれば、狭くなった二重の幅は元に戻る!

コラーゲンを強化するアイクリームの使用や乾燥を防ぐ保湿は当然のことですが、まぶたのたるみをこれからも進行させないようにするためにも、「眼輪筋をはじめとする目の周りの筋肉は、カラダの筋肉と同様、使わなければ衰えてきてしまうもの!」という意識をもって普段からも意識を芽生えさせることが大切になります。

 

現代に生まれた私たちは一日中パソコンやスマートフォンなどの画面を見ている状況の方も少なく無いと思います。
そうなると「無表情=筋肉の硬直」となり、ますますたるみが進行していることが多いのです。

 

そして、根本原因である加齢は誰にも止めることはできません。

 

 

加齢とともに目のサイズが1/4に縮小!

 

二重幅が狭くなったらアイクリームで予防対策

引用元:秋田肌15年研究所

 

"秋田15年肌研究"のデータから、15年で平均20%目が小さくなるという真相を突き止め、数値化に成功させました。

 

 

それはこのデータを見れば一目瞭然の事実です。

 

 

しかし、普段の私生活で思いっきり笑って表情を動かしている人は、眼輪筋が強く収縮するので、筋肉も衰えにくいのです。

 

そして、ケアのポイントとしてはたったの2つ摩擦を与えず、乾燥させないこと!

 

まぶたのたるみを解消すると、自然に元の目力=ハリや弾力が復活して、若返った印象を復活させることができますし、自分自身にとっても、視界が広がり、疲れも取れ、額のシワも減るので、見た目年齢に大きく影響してくるでしょう!

 

 

本気のアンチエイジングを!
トータルリペアアイセラムの公式サイトへ

 

パッチテストが必要な敏感肌の方やいきなりスキンケアを替えることに抵抗がある方はこちらの1週間トライアルセットがお薦めです!
1,944円のトライアルで気軽にお試し♪

体験レビューをチェック!

 

今最も旬な人気アイクリームランキング

2017年最新アイクリーム人気ランキング

総合人気アイクリームランキング

50代に人気のアイクリームランキング

たるみ解消人気アイクリームランキング


40代人気アイクリームランキング

しわ解消人気アイクリームランキング


30代人気アイクリームランキング

クマ解消人気アイクリームランキング


20代人気アイクリームランキング

プチプラ人気のアイクリームランキング


人気アイクリーム徹底調査!

アイクリームの基礎知識

目元の様々な悩み

肌老化の3大要因

美肌のための生活習慣

エイジングコラム

...about

このページの先頭へ