目元のくすみの原因は睡眠不足や眼精疲労などによる血行不良がありますが、その他にもメイクによる色素沈着なども一般的な原因としてあげられます。

では、目元のくすみの原因をこうして知り、解消する対策方法にはどのようなことがあるのでしょうか。目元のくすみの原因によっては対策すればすぐに解消できるものもありますが、色素沈着などの原因だと解消には時間がかかることがあります。

また目元の角質層は約0.02mm程度。頬などの顔の角質層が10~15層あるのに対して、目元は5層程度しかなく、皮脂腺が無いため、うるおいを保つ力が弱い部分です。さらに仕事柄パソコンや寝る前にスマホなどを長時間見ることで、筋肉も疲れやすくなっています。

やっかいな色素沈着が目元のくすみの原因!?

ではなぜ目元だけがくすんでしまうのかというと、くすみの原因になるのが乾燥によるお肌のターンオーバーと血行不良になります。目元の部分は他の部分よりも皮膚がとても薄く敏感でデリケートになっています。

ターンオーバーのイメージ

なので、皮膚が薄いとどうしても乾燥しやすくなりますので、この乾燥によって色素沈着が起こりやすくなります。このことから気をつけたいのは頬と同じ扱いをしていると、まぶたはその何倍もの刺激を受けていることになります。

刺激により、メラニン色素が作られやすいパーツでもあるので、アイシャドウをチップでごしごし重ねたり、ビューラーで引っ張りすぎたりといった、無防備な扱いや刺激を習慣化していると、メラニンを刺激してしまいくすみの原因になるというわけです。

目元のくすみの原因をチェック!

あなたは気づかずに以下のトラブルを招く行為を習慣化していませんか?

原因1:アイメイクを落す時にこすり過ぎるのもNG

アイメイクは、敏感な目元のことを考えてやはり専用リムーバーを使うのがベスト。

この場合、アイシャドウと同じメーカーのものを使うのが一番落ちやすいと思います。自社メーカーのアイシャドウを成分的に分析し、一番落ちやすいように作られているからです。

原因2:目がかゆい・・こすっていませんか?

普段あまり気にすることなく何気なく~こすってしまいがちですが、皮膚が薄いまぶたや目元には絶対NG!

目をこする
かなり刺激を与えていることを覚えておきましょう!

原因3:目薬のやりすぎNG

疲れが溜まってきたら目薬をよく活用される方も多いと思います。この目薬が意外と、まぶたや目の周りに刺激になっていたりします。

目からあふれた目薬をふき取るときにも強くこすってしまいがちですし、目薬がお肌に残ってしまうのも刺激となりNGです。

「色素沈着」を解消し目元のくすみを撃退!

目の下が茶色っぽくなったり、目の周りが黒ずんで見えたりするくすみの原因は先程も述べたように色素沈着です。メラニン色素が沈着して、皮膚が茶色く色づいてしまっているのです。

色素沈着の原因

画像引用元:聖心美容クリニックさん

そこで、解消するケア方法が必要になってくるのですが、目元のくすみを解消するために保湿効果の高い化粧品を使うのが必要になってきます。

化粧品選びでまず大事なのが、十分保湿できることと敏感な目元に対して刺激が少ないことが挙げられます。

こすることによる刺激もそうなのですが、外部からの刺激でも色素沈着によるくすみが発生してしまいます。
先程から何度も申し上げましたが、目元は顔のパーツの中でも特段、刺激に弱いので、化粧による外部刺激は多大なくすみになる可能性を高めてしまっています。

これらを踏まえて、化粧品は目元の皮膚に合わせて作られている美白成分の入った目元専用の化粧品を取り入れることをオススメします。これらはメラニンの排出をサポートする大切な役割もしてくれます。

また、日常から出来る対策としては目元をこする摩擦により、色素が沈着しやすいので、日頃から注意する必要があります。特に、アイメイクをしっかり落とそうとすると、ゴシゴシとこすりがちなので、気をつけなければなりません。

目元のくすみを確認する方法

目元が気になり、くすみかどうか簡単に確認する方法があります。皮膚を引っ張ると色が薄まるのが、茶くまの特徴です。また、鏡を見ながら顔の角度を変えてみてください。

上を向いたり横を向いたりしても、くすみの状態に変化が見られなければくすみの可能性が高いでしょう。

注意

色素沈着が原因のくすみは、光のあたり具合によって色が変わることがないのです。顔の向きによって黒っぽさが薄まるようであれば、くすみであると考えてよいでしょう。

まとめ:色素沈着によるくすみのケアは生活習慣の見直しから♪

生活習慣の改善

くすみの原因から解消法は目元に合わせた化粧品選びと普段の生活から意識することである生活習慣や環境に配慮することで、ある意味簡単に防ぐことができるとわかっていただけたと思います。

意識して対策をしていくことはおおまかにたったの2点!

Check!

  • くすみの元となる色素沈着を起こさせない!
    角質層が薄い目元は、シミや色素沈着が目立ちやすい部分でもあります。
    目をこすったり刺激を与えることでメラニンが作られ、色素沈着の原因に。
    アイメイクを落とすときは、たっぷりのクレンジング剤を使い、温めながら乳化させ擦らないように注意しましょう。
  • 乾燥
    うるおいを保つ力の弱い目元は常に乾燥しがち。
    夏は紫外線、冬はドライな空気と、乾燥の原因は年間を通して存在しています。
    特に最近は、パソコンやスマホなどを長時間利用することによる目の疲れも乾燥の原因になっています。
    朝晩のスキンケアで、保湿成分をしっかり届けてあげましょう。
以下の記事でスキンケアの見直しをしてみましょう!
衝撃の新事実が!

凡庸CTA

なんだか最近周りから「疲れてる?」と聞かれる機会が増えたら、老けた印象が表面化しているサインかも...。

その老けた印象を与えるおよそ9割の影響がしわやたるみ、くまなどの「目元」のエイジング現象によるのです!

しかし、逆をいえば目元を老けさせなければいつまでも若々しい印象を持ち続けることができるということ。
昨今のアイケア=アイクリームがスキンケアでもっとも重要視され、新たな常識となっているのは必然なのです...!

美容の現場で長年培った経験と知識、子育てや家事に追われながらも「好きな仕事」である美容への想いをもちつづけ、探求し続けるBeautyCc編集部員による最新&話題のアイクリームのランキングや選び方、ユーザー目線をモットーにさまざまな美容商品の体験情報や女性の悩みを解決するためのコンテンツを今すぐチェックしてみてください!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

あなたにオススメの記事を紹介!