MENU

シミやしわの元凶である酸化とは一体何!? 原因は?

 

肌老化の3大要因である酸化は、シワ・シミ・生活習慣病を引き起こす可能性が多いにあります。酸化の原因を認識し、普段から予防の意識をすることが大切です。

 

酸化とは?原因は?

 

酸化とは、物質と酸素が結合する化学反応のことをいいます。金属やリンゴを放置していてサビたり茶色に変色した経験は誰しもがあると思いますが、あの反応が酸化です。
酸化は金属やリンゴだけでなく、もちろん人間の体内でも発生します。酸化が進行することで身体の老化も進行するといわれています。そのためアンチエイジングにおいて、紫外線や糖化と同じく重要視されています。

 

そして酸素は生命活動に必要なエネルギーを生み出す際に体内に取り込まれますが、使われなかった一部の酸素が「活性酸素」となり、細胞を酸化させます。酸化とはいわゆる「サビ」ともいえます。サビついた細胞が正常な働きができなくなると、老化が進行してしまいます。また細胞の酸化はDNA損傷の原因にもなり得ます。
そしてさらに活性酸素を発生しやすくする環境が、現代に生きる私たちの周りには沢山あるのも事実ですが、主な原因として毎日の生活習慣の悪化にともなうものともいえます。紫外線に当たること、ストレス、喫煙や大気汚染の環境、また脂質の多い食事や、添加物の多い食生活も活性酸素を発生しやすくする原因となるのです。
また活性酸素は本来、体内に侵入してきた細菌やウイルスから身体を守るために必要な物質ですが、酸化力が強く、増えすぎると細胞にダメージを与えてしまうため良くないといわれています。

 

酸化による肌老化への影響

 

体内で酸化が進むと、下記のように様々な肌老化の変化が起こります。

 

シミの元凶

活性酸素がもたらすお肌への悪影響としては、最も代表的なものが憎きシミです。一度できてしまうとなかなか消えない上に目立ってしまうシミは、いつまでも美しくありたい女性にとっては脅威と言えるでしょう。

 

シミができるのも、実は人間が持っている自己防衛システムの賜物です。肌が黒ずむのは、活性酸素によるダメージをメラニンが引き受けてくれているからなのです。

 

メラニンとは?

メラニンは人間だけでなく、他の動物、植物、また一部の菌類などに形成される色素で、黒色メラニン(ユーメラニン)と肌色メラニン(フェオメラニン)の2種類があります。黒人・白人・黄色人種で肌の色や髪の色に違いがあるのは、黒色メラニン(ユーメラニン)と肌色メラニン(フェオメラニン)の量が異なるためです。

黒色メラニンの量が多いほど、肌や髪の色が黒く濃くなります。加齢によって黒髪が白髪になっていくのは、メラノサイトを生み出す幹細胞の衰えにより、毛根でメラニンが生産されなくなるためだと考えられています。

 

潤いとハリの損失

もう1つの重要な変化がしわです。しわも活性酸素によって作り出されるものです。

 

真皮にはコラーゲンが網の目状に張りめぐらされていて、エラスチンがコラーゲン同士を結び付けています。その隙間にはヒアルロン酸などが含まれていて水分を保持しています。これらが働きあってハリを保ったり、しわが出来ないようにしています。
活性酸素は、このコラーゲンやエラスチンを酸化させてしまいます。そのため、活性酸素が増えると、コラーゲンやエラスチンがダメージを受け変性することで、弾力が失われたり、水分の保持ができなくなるため、肌に潤いやハリが低下します。すると徐々に性質が変化してしまい、若々しいお肌に特有の弾力が失われてしまい、しわができやすくなるというわけです。

 

また、コラーゲンが破壊されてしまうと肌荒れや炎症の原因ともなります。

 

酸化のせいで皮膚がんのリスクも高まる!?

 

紫外線は皮膚がんとの関係でも有名ですが、これも活性酸素の働きによるものです。夏から初秋にかけての強い紫外線を受けた場合には、体内で発生する活性酸素も非常に強力です。この強力な活性酸素は、身体への悪影響も当然大きくなります。

 

 

細胞の外側を覆っている細胞膜が活性酸素によって過酸化脂質に変化することにより細胞膜自体が破壊されると、活性酸素が細胞内に侵入し核のある「DNA」に直接襲いかかります。「DNA」は人間を正常な体に構成するために一つ一つ作り上げるための、いわば遺伝子の基になるものです。この「DNA」が活性酸素によって狂わせられて、突然変異の遺伝子をつくり出してしまいます。
この変異した細胞がガン細胞なのです。

引用元:日本抗酸化

 

このように、適量の活性酸素は身体を守るために必要ですが、必要以上の活性酸素は老化の原因となります。

 

必要以上の活性酸素が発生しないように気をつけましょう。また、抗酸化力のある物質(ビタミンCなど)を摂ると活性酸素の影響を受けにくくなります。

人気アイクリーム徹底調査!

アイクリームの基礎知識

目元の様々な悩み

肌老化の3大要因

美肌のための生活習慣

エイジングコラム

運営者情報

このページの先頭へ