普段何気なく習慣的に行なっている洗顔。

しかし、お手入れの中でも肌への負担が最も大きく間違った洗顔料選びや洗い方肌トラブルの原因になることもあるのはご存知でしょうか?

現在は洗顔料も美容成分を含んだものから、洗い上がりにしっとりとさせるものまで多種多様なものが販売されています。

特に、美肌効果を謳う洗顔料が増えており、洗顔の本来あるべき姿が薄れてきていますよね。

ここでは、洗顔の目的であるダメージを最小限に抑えながら不要なものをしっかり落とし、後に使う化粧水や美容液(アイクリーム)を浸透しやすくする正しい洗顔方法や洗顔料の選び方についてご紹介します。

お手入れの大切な第一ステップ「洗顔」の主な役割とは?

毎日の洗顔、しっかりできていますか?
「疲れてついついメイクしたまま寝てしまった」、「乾燥が気になるから水ですすぐだけ」…。
ついついこのような日々の習慣に陥っている方は要注意です。

顔肌は、衣類に覆われることが無いため、1日中外気に触れています。
酸化した皮脂・ホコリ・排気ガスなどの影響により、肌荒れや雑菌が増える可能性があります。

乾燥肌などの人に多い「朝は水ですすぐだけ」というのも実はNGで、実は夜に寝ている間にも分泌された汗や皮脂、ほこりやハウスダストなどで意外と汚れがついているものです。

しかも、分泌された皮脂汚れは水だけでは落ちません。

ですから、基本的にはどんな肌質の人でも朝晩2回、洗顔料を使ってしっかりと油汚れを取り除くことが正しいお手入れ方法です。

洗顔とクレンジングの違い

クレンジングは油汚れ(メイク)を落とすもの、洗顔料は皮脂などの汚れを落とすものです。

おしろいのみという人は洗顔だけでも大丈夫ですが、軽くであってもファンデーションを使ったメイクをしている場合は、油汚れを落とすためのクレンジング料を使いましょう。

特に最近のファンデーションは粒子が細かく、汗などで落ちないようにフィット感や落ちにくさが格段にアップしているため、クレンジング料を使ってしっかりと落とす必要があります。

肌のバリア機能を壊さない洗顔のプロセスとポイント

洗顔プロセス

クレンジングもそうですが、洗顔も行い方のプロセスによっては肌に負担がかかります。

しかも、ほとんどの人が正しくできておらず、肌を傷めてしまっている場合もあります。
完璧な洗顔テクニックを身につけて美肌へとつなげていきましょう。

  1. まずぬるま湯で顔を濡らす
    手を洗って雑菌を落とし、そのあと顔のぬるま湯で素洗いしておきます。
  2. 洗顔料をよく泡立てて
    洗顔料を適量、手の平にとり水を加えながら泡立てます。このときのポイントが空気を含ませるように泡立てるのがポイントです。
  3. 泡は皮脂の多いTゾーンからのせる
    泡は皮脂の多いTゾーンからのせる
  4. 次に頬などのUゾーンを洗う
    頬やあごなどのUゾーンにも泡をのせて、泡を転がすようにして軽く汚れとなじませます。最後に目元や口元などの繊細な部分にも泡をのせて軽く馴染ませます。
  5. ぬるま湯で充分にすすいで!
    人肌程度のぬるま湯で、丁寧に洗い流していきます。とくにこめかみやフェイスライン、髪の生え際にちゃんと洗い流しましょう。

洗顔は1分~1分半ほどで終わらせるのが大事なポイントです。お湯の温度は洗い始めから最後まで一定の温度を保ちましょう。

あと、いっけん便利な泡たてネットは少し注意が必要です。

洗顔料は水と空気を含ませながら適正な洗浄濃度にしていくものです。
スピーディーにたっぷりの泡を作れるので、便利だと使いがちですが、じつは水が少なくても泡立ってしまうのが盲点です

きちんと適正な水を加えないと濃度から高いまま肌に触れてしまうので注意しましょう。

それ間違ってますよ!NG行為あなたは大丈夫!?

以下では洗顔においてよくあるNGな行為をまとめました。

一つでも「あ、!」と思うようなことがあれば、意識して改善してみましょう。

洗顔NG行為

  • 泡立てが足りない
    泡の量が少ないと、洗顔料の濃度が高すぎるうえ摩擦の原因になります。
  • ゴシゴシこすりすぎ
    洗顔は摩擦で洗うのではなく、泡で汚れを落とすもの。こすって洗うと角層を傷つけるだけです。
  • すすぎ不足
    生え際やあご下など泡がついたままだと、肌への刺激になってしまいます。
  • 時間のかけすぎ
    長々とやりすぎると当然肌に負担に。洗浄剤だということを忘れないで
  • 仕上げに冷水
    肌を冷やすことで毛穴が一時的に締まったように感じますが、その冷却効果は30分ももちません。また急激な温度変化は赤ら顔の原因になることもあります。

洗顔料の選び方は汚れを落とすことだけに注目する

化粧品メーカーが売り出している洗顔料のなかには、潤い成分配合というものがあります。これは実は油分を多く配合してだけで肌に油膜を張ってしっとりしたようにみせかけているだけのものです。

そもそも洗顔料に保湿成分などを配合したところで、すすぐ際に全部流れていくので意味がありませんし、ヌメリが気になるので、肌を擦ったり、洗顔時間が長くなってしまう原因になります。

保湿成分や油分は美容液やクリームで補えばいいので洗顔料には必要ないものです。

ですから、洗顔料を選ぶときはあくまでも汚れをしっかりと落としてくれる洗浄力の高いものを選ぶのがポイントです。
洗顔料は成分表示からは選びにくいのですが、形状からある程度の判断は出来ます。

洗顔料の形状別の特徴をチェック!

  • 固形石鹸
    シンプルな固形石鹸なら、余分な油をあまり含まないものが多い。脂性肌やオイリー肌の人なら浴用石鹸を使っても大丈夫です。
  • 洗顔フォーム
    肌への負担は、強いものから弱い者まで様々。しっとりタイプの多くは30%~40%の油分を含み、肌に油膜を残す仕組み。
  • パウダータイプ
    洗顔フォームと同様に、洗浄力が強いものから弱い者まで様々。
  • 泡タイプ
  • 手早くさっと洗顔できるのが便利な半面、強い界面活性剤がを配合しているので選び方が難しい。泡の硬いものは発泡剤が多く含まれている傾向にあります。

  • 泡立たないタイプ
    超しっとりタイプ。洗浄力が弱く汚れが充分に落ちないので、水でもしみるほど肌荒れがひどい場合以外にはおすすめできません。

自分の使いやすいタイプのものはもちろん、シンプルなものを選ぶと良いでしょう。

化粧水や美容液・アイクリームの効果を最大限高める固形石鹸

固形石鹸

数ある種類の洗顔料のなかでも一番のおすすめは、シンプルな固形石鹸。

なぜかというとしっかりと汚れが落ちて、肌に余分なものが残らないからです。この余分なものとは、うるおい成分でできる膜のようなものの事。

たとえば、現代的でオシャレな洗顔フォームは、すすいだ後のしっとり感に定評があり、保湿効果が高いように感じます。

しかし、洗顔フォームは、油成分を含むものが多いため、それがすすぎ後に肌に残ることでしっとりするのであって、肌の保湿力がアップしたしっとり感ではありません。

それでは肌に油膜を張ったような状態になり、あとから使う化粧品の浸透を妨げることもないかねない。

注意

シンプルな固形石鹸は、このような余分な油分を含まない上に、肌に悪影響を与える古い皮脂(過酸化脂質)などの汚れを、サッパリと落とし、化粧水や美容液を受け入れる態勢を整えます。

洗顔後に突っ張り感が現れることもありますが、古い皮脂(過酸化脂質)がしっかり落ちた証拠でもありますので、その後の美容液やクリームで保湿をすれば、問題ないでしょう。

乾燥肌にオススメの固形石鹸

固形石鹸も色々ありますが、健康肌の人や脂性肌の人は、成分を見て「石鹸素地」のみでできているものがベターです。
いわゆるドラッグストアにおいてある100円~ほどのお値頃なものです。

しかし、『大量生産される』ため、グリセリンなどの保湿成分が含まれておらずに、「弱アリカリ性」という”石けん”本来のチカラは期待できるんですが、

乾燥肌や敏感肌の方にとっては、ちょっと刺激が強く、石けん素地だけで構成されているものは乾燥させやすくなります。

乾燥肌や混合肌の人は、石鹸素地に加えて、保湿成分が配合された洗顔用の固形石鹸が良いでしょう。
マイルドな使用感のため、肌当たりが優しいです。

乾燥肌におすすめの固形石鹸はVCOマイルドソープ

vcoマイルドソープ

乾燥肌におすすめの固形石鹸はVCOマイルドソープです。

VCOマイルドソープのVCOは「ヴァージンココナッツオイル」です。
ヴァージンココナッツオイルは母乳と同じラウリン酸という天然成分が含まれており、皮脂と同じ成分なので皮脂汚れとの馴染みも良いのです。

VCOマイルドソープの成分をチェック!

植物由来石けん素地、ヒアルロン酸Na、ヤシ油、水酸化K、ステアリン酸、水としっかりと洗浄と保湿成分で構成されており、乾燥肌以外のかたにも安全に使うことができます。実は、このVCOマイルドソープじが乾燥性敏感肌の管理人の私も愛用者の1人です。

ぜひ、この記事を読んで洗顔石鹸の必要性を感じたあなたにもぜひ使って欲しい固形石鹸ですね。

まとめ

洗顔の目的は肌の汚れを落とすことのみ!

美肌効果を謳う洗顔料が増えており、洗顔の本来あるべき姿が薄れてきている。
酸化した皮脂・ホコリ・排気ガスなどの影響により起こる肌トラブルの回避

肌のバリア機能を壊さない洗顔方法とNGポイント

洗顔も行い方のプロセスによっては肌に負担がかかります。しかも、ほとんどの人が正しくできておらず、肌を傷めてしまっている場合もあろので、正しい洗顔テクニックを身につけること。
また、絶対やっては行けないNG行為もすぐに止めること。

正しい洗顔料の選び方と特徴の理解

洗顔料は多種多様販売されているが、本来の目的にそって洗顔料を選ぶことが重要。

化粧水や美容液のスキンケアの効果を最大限高める固形石鹸

シンプルな固形石鹸は、このような余分な油分を含まない上に、肌に悪影響を与える古い皮脂(過酸化脂質)などの汚れを、サッパリと落とし、化粧水や美容液を受け入れる態勢を整えます。

乾燥肌におすすめの固形石鹸

乾燥肌や敏感肌の方にとっては、ちょっと刺激が強い石けん素地だけで構成されている固形石鹸は乾燥させやすいのが難点。

乾燥肌や混合肌の人は、石鹸素地に加えて、保湿成分が配合された洗顔用の固形石鹸が良い。

オススメは母乳と同じ成分で作られたVCOマイルドソープ。

衝撃の新事実が!

凡庸CTA

なんだか最近周りから「疲れてる?」と聞かれる機会が増えたら、老けた印象が表面化しているサインかも...。

その老けた印象を与えるおよそ9割の影響がしわやたるみ、くまなどの「目元」のエイジング現象によるのです!

しかし、逆をいえば目元を老けさせなければいつまでも若々しい印象を持ち続けることができるということ。
昨今のアイケア=アイクリームがスキンケアでもっとも重要視され、新たな常識となっているのは必然なのです...!

美容の現場で長年培った経験と知識、子育てや家事に追われながらも「好きな仕事」である美容への想いをもちつづけ、探求し続けるBeautyCc編集部員による最新&話題のアイクリームのランキングや選び方、ユーザー目線をモットーにさまざまな美容商品の体験情報や女性の悩みを解決するためのコンテンツを今すぐチェックしてみてください!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

あなたにオススメの記事を紹介!