目の下のくまに悩む女性の多くは、クレンジング方法を間違っている可能性が高いでしょう。

そもそもクレンジングは肌への負担が大きいものですが、落としきれなかったメイクが肌に残ってしまうと、肌の老化を早めてしまうことになるので、メイクは必ず落とさなくてはならないものです。

なので、クレンジングをするとき必然的に力が入り、強く擦ってしまい、皮膚が薄く刺激を受けやすいデリケートな目元付近がダメージを受けてしまうのです。

刺激を与えた目の下がメラニン色素の沈着がくまを招いている、または悪化させている可能性が高いのです。

目の下のくまを作りたくないのであれば、デリケートな目元を刺激しないように優しく汚れを落とすことや、汚れを残さないように丁寧に落とすことを意識しましょう。

ここでは、目の下のくまが消えるちょっとしたクレンジングのポイントをご紹介していきます。

まずは自分のクマの種類を見極めること

クマの種類

目の下のくまの種類は主に「黒くま」「茶くま」「青くま」の3つがあります。

それぞれ原因も異なれば、解消する方法も様々です。まずは自分のくまがどの種類のくまであるかを見極める必要があります。

あなたのクマはどの種類!?

  • 黒くま
    メラニン色素の沈着やまぶたや涙袋・目袋のたるみ、又は目の下のくぼみによる凹凸でできた影の色
  • 青くま
    目の下の皮膚内の毛細血管のうっ血によるもの。皮膚が生まれつき薄いことによる血管の透視状態。

クレンジングが影響を及ぼす茶クマ

そして、クレンジングの影響が大きく現れるのが茶くまです。

主な原因は色素沈着やターンオーバー(肌の新陳代謝)の乱れですが、濃いアイメイクを長年続け、目元全体が茶色くくすんでしまっているタイプも少なくありません。

元々肌荒れしやすい方、アトピー性皮膚炎患者さん、目元を擦る癖がある方も、茶クマに狙われやすくなります。

花粉症のせいで春先だけ目元を擦ってしまう方も、数年後くっきりした茶クマが出現して悲鳴を上げることになるかもしれません。

いずれにしても、茶クマにお悩みなら、とにかく摩擦を避けることが大切です。紫外線対策も欠かせません。摩擦対策と紫外線対策を徹底し、それ以上クマが濃くなるのを防ぎましょう。

茶クマ解消に効果的なクレンジング方法

クレンジングは肌に負担のかかるもの。

なるべく短時間で終わらせたるのが基本なのですすぎまで含めて約1分で終わらせるように心がけましょう。

  1. ホットタオルを顔全体にあて、毛穴を開く
    これをするだけでも効果は断然に違ってきます。また、乳液などを先に塗っておくと、クレンジング効果や保湿効果が高まるのでこれも実践してみると良いでしょう。
  2. 適量のクレンジング料を手に取る
    クレンジング料を手の平に適量の半分取ります。適量は商品によって異なりますがクレンジング料に添付の説明書を参考にしましょう。
  3. Tゾーンから載せていく
    最初に、顔の皮膚の中でも比較的強い部分、額から鼻にかけてのTゾーンにクレンジング料をのせて、指の腹を使い、軽くメイクアップ料と馴染ませていきましょう。
  4. 次にUゾーンへ
    再び、手の平にクレンジング料の残りを手に取り、頬などのUゾーンにクレンジング料を伸ばしていきます。そして、軽くメイクアップ料と馴染ませておく。
  5. 最後に目元や口元などにも馴染ませる
    もっとも皮膚が薄く敏感な目元や口元などの細かいところにもクレンジング料を伸ばします。ここは特に優しく、丁寧にメイクアップ料と馴染ませます。
  6. 洗い流す
    最後にぬるま湯を使って、手早く洗い流していきます。多少のベタつきがあっても大丈夫です。続けて洗顔料を使った洗顔を行えばベタつきもキレイに落ちます。小鼻や唇の下も汚れが残りやすいで注意して洗い流しましょう。

隠れ茶クマの原因「肌ステイン」とは?

茶くまやくすみの2大原因は、血行不良や紫外線により発生したメラニンの増加だといわれています。紫外線の浴びすぎで、メラニンが過剰発生すると、茶色く黒ずんで肌の明るさを奪います。

これらのくすみを防ぐには、肌のマッサージや日焼け止めなどの紫外線対策がありますが、そのような対策をしてもまだ、茶くまやくすみが気になることがあります。

最近の研究で、血行不良やメラニンに次いで、大人のくすみの「第3の原因」があることがわかりました。

それが「肌ステイン」とよばれるものです。

「肌ステイン」も、角層内のタンパク質が化学反応によって黄ばんだもの。
放置すると、歯のステインと同じように、どんどん蓄積されて、顔全体をどんよりとくすませていきます。

「肌ステイン」は、通常の洗顔や美白化粧品では落としにくく、専用のケアが必要です。

また、たった1日でも溜まっていき、メイクが残っている状態でもさらに蓄積しやすくなるため、メイクをしたまま寝ないことはもちろん、毎日しっかり落としきることも重要です。

茶クマ解消におすすめのクレンジングオイルと正しい使い方

茶くま解消で注目されているのは、「油脂」というオイルを使ったクレンジングオイルです。
オリーブオイルやアルガンオイルなどの美容オイルとして知られていて、植物から作られるオイルです。

油脂を主成分にしたクレンジングオイルは、お肌に残っても不快感が少なく、水に溶けやすく洗い流しやすいというメリットがあります。
そのため、界面活性剤を多く配合しなくても流れやすいのです。

しかし、クレンジングオイルは使い方を少し間違えると乾燥性敏感肌になる可能性もあります。

クレンジングオイルの使い方で、最も気をつけるべき点は、「量と摩擦」、以下の3つのポイントをしっかりと守りましょう。

  1. 手を清潔にする。
  2. 摩擦防止のために使用量はたっぷりと。
  3. オイルを馴染ませたら乳化させる。

これらを気をつけて先程のクレンジング方法を実践すれば、余計な心配はいりません。

おすすめはアテニア/スキンクリアクレンズオイル

茶くみやくすみの第3の原因である「肌ステイン」は、加齢による肌内部の変化の影響で蓄積しやすくなります。 そのため年齢を重ねるほどに、その日の「肌ステイン」をその日のうちにリセットする「肌ステインケア」を行うことが、一層重要になっていきます。

現状ではロックローズオイル配合オイルクレンジングが唯一の肌ステイン対策に効果があります。

肌ステインを切り離すロックローズオイルを日本で初配合したクレンジングオイルがアテニアのスキンクリア クレンズ オイルです。

スキンクリアクレンズ

同時に、肌ステインをつくらせない成分として注目を浴びるイモーテルオイル、うるおいをキープし、肌をなめらかに整えるバオバブオイル、毛穴の汚れや角栓もすっきり取り除くアルガンオイルまでも贅沢に配合しています。

クレンジングオイルのバランス(洗浄・保湿・柔軟力)に加え、価格を総合的に判断しても、アテニアのスキンクリアクレンズオイルはとてもよいクレンジングオイルといえます。

1ヶ月850円の良好なコスパ

スキンクリアクレンズオイルは、175ml(約2ヶ月分)で税別1,700円です。
1ヶ月あたり850円という手を伸ばしやすい価格帯で手に入ります。
クレンジングオイルはたっぷりと使用することで、摩擦を防げるのでコスパの良い商品が大切な基準になります。

  • 洗浄力と柔軟性をもたらす良質な植物オイル成分
  • 植物由来の油脂は、メイク落としとしての働きに加え、肌を柔らかくする働きがあります。
    皮膚が柔らかいと、肌トラブルが起きにくくなり、スキンケア化粧品の効果を実感しやすくなります。

    乾燥肌・敏感肌でも使える

    アテニアのスキンクリアクレンズオイルは、ミネラルオイルを使わず、植物由来の油脂を配合している点や酸化しにくい成分を多く含む成分を含んでいます。

    それにより、肌への負担を最小限にし、「しっかり落とす+肌を柔らかくする」ことを可能にしています。

    肌ステイン

    クレンジングの違いで目の下のくまが消えるマル秘対策のまとめ

    • 目の下のくまは間違ったクレンジングの方法が原因
    • 自分のくまの種類を見極めて原因を突き止める
    • くまの予防、または悪化させない正しいクレンジング方法を実践
    • どうしても解消しない茶くまの原因である肌ステインも疑う
    • 茶くまも解消できちゃうクレンジングオイルの使い方
    • アテニアのクレンジングオイルはコスパも良く現時点で最強!

    クマ解消には目元の皮膚構造に特化したアイクリームが必須

    くま対策のクレンジング方法を実践したら、スキンケアの要である美容液を見直すことで、よりワントーン透明感を増した目元を作り上げることができます。

    くま対策の美容液の選び方は、以下の成分が配合された目元の皮膚に合わせて設計されたアイクリームをスキンケアの正しい順番のいれるだけです。

    • セラミド配合
    • ビタミンC誘導体

    目の下のクマに悩む人の肌質はほぼ間違いなく乾燥肌です。

    その理由は、薄い上に乾燥した肌になると、刺激に弱くなり隠れ炎症を起こしやすくなります。この炎症は外見では分かりません。
    ポイントはセラミドをしっかり増やして維持すること。最も簡単にできて、最も実感しやすいケア方法なのです。

    ビタミンC誘導体は美容には欠かせない成分で、美白に限らずあらゆる悩みに働きかける成分です。刺激性の心配がほぼないため、敏感な目元にもきっちり対応してくれます。

    美白による茶クマ対策はもちろん、コラーゲン生成、ターンオーバーをサポートすることから、茶色、黒、青のどのくまにも意味をなすスーパー美容成分です。

    実際に美容外科のクマ治療のメインはビタミンCのイオン導入です。

    浸透力の高いビタミンC誘導体の配合されたアイクリームくまで悩む方なら必然といっていいぐらいのスキンケア成分です。

    衝撃の新事実が!

    凡庸CTA

    なんだか最近周りから「疲れてる?」と聞かれる機会が増えたら、老けた印象が表面化しているサインかも...。

    その老けた印象を与えるおよそ9割の影響がしわやたるみ、くまなどの「目元」のエイジング現象によるのです!

    しかし、逆をいえば目元を老けさせなければいつまでも若々しい印象を持ち続けることができるということ。
    昨今のアイケア=アイクリームがスキンケアでもっとも重要視され、新たな常識となっているのは必然なのです...!

    美容の現場で長年培った経験と知識、子育てや家事に追われながらも「好きな仕事」である美容への想いをもちつづけ、探求し続けるBeautyCc編集部員による最新&話題のアイクリームのランキングや選び方、ユーザー目線をモットーにさまざまな美容商品の体験情報や女性の悩みを解決するためのコンテンツを今すぐチェックしてみてください!

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    最新情報をお届けします

    Twitterでフォローしよう

    あなたにオススメの記事を紹介!