肌のしみやシワが...むくみ!?たるみが目立つ...など、加齢とともにカラダの変化を年々感じていませんか?

そんな老化現象はカラダの酸化、いわゆる“サビ”が原因です。

そして、それは時に生活習慣病を引き起こすことも…。
いつまでも若々しく健康でいるためには、カラダのサビを防ぐこと=抗酸化が重要です。

そして、全てのエイジングケアのキーワードとも言えるのが「抗酸化力」です。今回は抗酸化力のある食べ物についてもご紹介します。

老化減少の元となるカラダの酸化”サビ”の原因とは!?

乾燥

私たち人間が生きていくうえで必要不可欠とも言える酸素ですが、たとえば、切ったリンゴに空気が触れると茶色く変色します。
これは金属のサビと同じように酸素が細胞と結びついて起きる現象で、人間のカラダにも同じ“サビ”が生じます。これがいわゆる“酸化”です。

原因1:体に有害な物質、活性酸素

紫外線とともに、老化の大きな原因となるのが、「活性酸素」と言われるものです。
活性酸素は私たちの呼吸によって取り込まれた酸素の一部が体内で変化して発生する有害な物質です。

活性酸素は「紫外線」を筆頭に、「喫煙」「ストレス」「不規則な食生活」などさまざまな外的要因により発生しやすくなると言われています。

原因2:活性酸素対策

この活性酸素の発生を抑えるもっとも重要なことは、原因となる外的要因をなくすこと。紫外線対策やストレスを防ぐ生活を心がける必要があるのは容易に想像できると思います。

では、できてしまった活性酸素はどうしたらよいのでしょう。

私たちの体の中には元々活性酸素を抑える「抗酸化物質」という成分が備わっています。

しかし、それも30歳を境にぐっと少なくなってきます。そこで、その役割をしてくれる物質を摂取することが必要になってきます。

バランスの取れた食生活やスキンケアで、抗酸化物質を取り入れることが重要です。
では、肌の酸化防ぐ抗酸化成分にはどのようなものがあるか見てみましょう。

昨今注目の抗酸化成分でカラダの内側からアンチエイジングへ♪

抗酸化
活性酸素によるカラダのサビ付きを防ぐ“抗酸化”を普段の生活から心がけることで、加齢による肌の老化トラブル、がんなどの生活習慣病の予防にもつながります。

サビ付きの原因となる生活習慣を見直すことももちろんですが、抗酸化に作用する栄養素をバランスよく摂取することが効果的です。

カラダの外のケアはしてもインナーからケアしないと効果が現れないともいえます。

ファイトケミカル

赤ワインに含まれていることで話題になったポリフェノールも、このファイトケミカルの一つです。これも活性酸素を取り去る抗酸化力があります。
このほか、緑茶に含まれるカテキン、大豆に含まれるフラボノイド、ニンジンやカボチャなどに含まれるカロテン類など、現在発見されているファイトケミカルは約1500種類※。ほとんどの植物に含まれ種類も多く、バラエティーも豊富なのが特徴です。

多く含まれている食品

トマト、すいか、さくらんぼ、カカオ、赤ワイン、ブルーベリー、大豆、りんご、みかん、あんずなど

ビタミンC

細胞に代わり酸化されることで細胞を保護し、活性酸素の害を減らします。また、酸化してしまったビタミンEの抗酸化作用を再生させるはたらきもあります。
ビタミンCは細胞と細胞をつなぐコラーゲンの生成を促す作用もあるので、不足してしまうと肌荒れやケガの治りが遅くなってしまう原因になります。

多く含まれている食品

柑橘類、ピーマン(特に赤や黄色)、ブロッコリー、ほうれん草、じゃがいもなど

ビタミンE

活性酸素による細胞の酸化を防ぎます。血液循環もスムーズにし、体内の代謝をよくするはたらきもあり“若返りビタミン”として重要な栄養素です。

多く含まれている食品

アーモンドなどのナッツ類、かぼちゃ、植物油、うなぎ、アボカドなど

亜鉛

亜鉛は活性酸素を抑える酵素の構成成分で、抗酸化作用に役立ちます。
また、肝臓でアルコールを分解する際にも必要不可欠な栄養素で、不足すると二日酔いになりやすくなります。

多く含まれている食品

牡蠣、牛肉、うなぎ、卵、牛や豚のレバーなど

エイジングはカラダの外(スキンケア)と内(抗酸化)からバランスをよく行いいつまでも若々しいお肌に♪

エイジングケアは、化粧品などを用いたスキンケアなども大切ですが、身体の内側から環境を整えることが非常に大切です。

仕事に家事・育児に追われしっかりと食事をとることができない人は、バランスのよい食事を心がけた上、サプリメントで足りない栄養素を補うのもいいでしょう。

この機会に、積極的に抗酸化力をもつ食べ物を意識して摂り、いつまでも若々しい身体作りに取り組んでみてはいかがでしょうか?

衝撃の新事実が!

凡庸CTA

なんだか最近周りから「疲れてる?」と聞かれる機会が増えたら、老けた印象が表面化しているサインかも...。

その老けた印象を与えるおよそ9割の影響がしわやたるみ、くまなどの「目元」のエイジング現象によるのです!

しかし、逆をいえば目元を老けさせなければいつまでも若々しい印象を持ち続けることができるということ。
昨今のアイケア=アイクリームがスキンケアでもっとも重要視され、新たな常識となっているのは必然なのです...!

美容の現場で長年培った経験と知識、子育てや家事に追われながらも「好きな仕事」である美容への想いをもちつづけ、探求し続けるBeautyCc編集部員による最新&話題のアイクリームのランキングや選び方、ユーザー目線をモットーにさまざまな美容商品の体験情報や女性の悩みを解決するためのコンテンツを今すぐチェックしてみてください!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう